FX フィボナッチリトレースメントを用いて値動きの意味を理解する。

値動きの意味を理解する事というのは、FXで勝てるようになるためには必須です。

私も以前はどうやって考えれば良いか悩む事が多かったですが、今では少しずつ理解を深める事が出来るようになってきました。

今回はフィボナッチリトレースメントを用いて、FXにおいて最も重要な値動きの意味についてお話しします。

「FX界の物差し」ことフィボナッチリトレースメントを用いて値動きの意味を理解する。

まずは、ポンド円1時間足。

f:id:keyroiro:20190410190044j:plain

長い間上昇が続くいわゆる上昇トレンド。

が、一転。

とても強い下降が発生しました。

「とても強い下降」というだけでは大雑把が過ぎる。

そのため「FX界の物差し」でお馴染み(?)フィボナッチリトレースメントを使います。

f:id:keyroiro:20190410191804j:plain

大きな波の安値と高値を取り、フィボナッチリトレースメントを引くとこうなります。

「上昇リトレースメント61.8%を超えるとても強い下げ」であることがわかります。

こういった下げは、その後トレンドが転換することが多いです。

(今回の場合、上昇トレンドから下降トレンドへ変わる可能性が高い)

その後、どうなったか。

f:id:keyroiro:20190410192828j:plain

こうなりました。

ここで正常な思考力があれば「あれ?」と、思うわけです。

「上昇リトレースメント61.8%を超えるとても強い下げがあった」

「それにもかかわらず、その後の戻しの勢いがとても強い」

今まで考えていた「下降優勢かな?」という考えを一旦隅に置き「と、言う事は?」と考えます。

(FXにおいてこの考え方はとても重要です)

今度はこの下げに対し、フィボナッチリトレースメントを引いてみます。

f:id:keyroiro:20190411125740j:plain

すると、下降リトレースメント38.2%を抜け、61.8%まで一瞬にして上げている

しかも、その後下げるなら兎も角。全く下げる気配がありません。

さらに、この戻し(上昇)にフィボナッチリトレースメントを当ててみます。

f:id:keyroiro:20190411125802j:plain

上昇後、フィボナッチリトレースメントの38.2%程度の戻ししかない事がこれでわかります。

上昇の勢いが強いときというのは、その戻しが38.2%程度までしか下げない事が多い。

(38.2%に到達すらせず上げていく事も多々あります)

つまり今の状況というのは、以下のようにまとめられる。

「強い下降から見ても、直近の上昇から見ても、上昇の勢いが衰えておらず、強い」

「だから、積極的に買いを狙っていく場面である」

そして、5分足を見てタイミングをつかむ。

f:id:keyroiro:20190411133433j:plain

上げた先っぽで買っても仕様がない。

そのため「戻し」を待つのが鉄板。

5分足レベルの強い下げにフィボナッチリトレースメントを当ててみる。

そうすると、やはり戻し(上昇)が61.8%まで一気に上昇してきている。

ここで、「5分足でも上昇の勢いがある」という根拠の上乗せが出来る。

後は、何処でエントリーをするか。

f:id:keyroiro:20190411134734j:plain

強い下降後の上昇に比べると再度下げの勢いが強い事がわかるため、様子を見る。

そうすると、前回の安値を更新することが出来ず、止まったことがわかります。

そして、勢いよく跳ね返されている。

(わざわざ引いていませんが、この上昇も直近の下げに対し61.8%まで時間をかけず上昇している事が見てわかります)

再び安値を確かめようとするも、複数の波を付けやっとの思いで下げて行くような状態。

そこでやはり安値を更新出来ず、上に上げていく形になった。

だから「ここで買おう!」となるわけです。

そしてそれが、利益につながる。

あれ、この形状どこかで見たことあるな…(気づき)

この5分足の形状、既視感があるなと思ったら「先生のこの記事と同じパターンじゃないか!」と気づきました。

11235813213455.net

それがこちらのチャート画像。

f:id:keyroiro:20190411141447p:plain

この赤い四角で囲んだ部分が酷似している部分です。

ここも、下げに対し、戻しがフィボナッチリトレースメント61.8%までの上昇があり。

その後の戻し(下げ)の勢いが強い。

安値更新を何度も阻まれているという事も同じ。

しかもこの四角内の後半の形状、当ブログや先生のブログをよく読まれている人にはわかる「あの形状」になっている。

(私のほうのチャート画像も同じようになっているのが恐ろしいところ)

規模こそ違えど「良いポイントというのは同じような形状に落ち着くものなのだな」と、気づきを得る事が出来ました。

加えて「似たようなチャートが来たら、次は絶対に取ってやるぞ!」という反骨精神も湧いてきました。

私はまだまだ最良最高のポイントでエントリーする事がそう簡単に出来ませんが、日々の勉強を怠らず、先生のようにスマートなトレードが出来るよう、精進していく所存です。