FXのチャート分析を、リアルタイムのチャートで毎日する

f:id:hajime0707:20190314215910j:plainリアルタイムでのチャートを分析(環境認識)、シナリオを立て、チャンスを待ち構える。それを毎日続ける。

今回は、それがFXトレーダーとしてレベルアップするためには必要と実感した話です。

過去チャートで検証(分析)や、自分のトレードの振り返りは大事です。

それらをするから、自分の得意なパターンを見つけたり、自分の悪い癖が分かったりします。

FXで勝てるようになるためには、絶対にやらなくてはいけないこと。

しかし、それだけでは成長はしない(遅くなる)と、今なら言えます。

FXで全く勝てるようにならず、足掻いていた時の話。

FX勉強会へ入って半年くらい経った頃の話です。

毎日欠かさずFXの学習は続けていたものの、思うような結果は得られていませんでした。

勝ったり負けたりの繰り返し。

当時は「FXで資金2倍≒1000pips獲得」という課題が、夢物語のように思えていました。

長い長いトンネルのように、歩いても歩いても出口が見えない。

しかし、私は間抜けなので、このままただひたすら毎日学習を続けていれば自然と勝てるようになると勘違いしていました。

その頃は、主に過去チャートでの分析、週間解説動画の復習やトレードの振り返りをやっていました。

リアルタイムでのチャート分析はやったりやらなかったり。

「チャート分析もできていないのに、チャートを開いてチャンスっぽい感じがしたらエントリーする」ということをやったりもしていました。

「環境認識をしてシナリオを作成し(リアルタイムでのチャート分析)、チャンスが訪れた場合にのみエントリーする」これが当たり前の流れです。

それをまともにやっていなかったことになります。

一向に勝てるようにならないのは、当然の結果でした。

実践しなくては得られないものがある。それはFXでも言える。

過去チャートの分析やトレードの振り返りって、ある意味、気楽なのかもしれません。

絶対に負けることがありませんから。

悔しい思いや恥ずかしい思いをしなくていい。

しかし、そんな都合のいいことだけをしていて勝てるようになるかというと、甚だ疑問です。

リアルタイムでチャート分析して、エントリーチャンスを待ち構えることを、毎日やるのは大変かもしれません。

仕事、家事、育児、その他もろもろの事情で時間を割くことが難しいかもしれません。

チャート分析したからといって、必ずトレードができるわけでもありません。

チャート分析通りにトレードしても負けてしまうこともあるでしょう。

何のためにやってんの?と疑問に思うことがあるかもしれません。

それでもやらなくちゃいけない。

実践することでしか得られないものは必ずあります。

過去チャートといくら向き合っても得られないものです。

しかも、それが得られなくてはFXで勝てるようになりません。

リアルタイムでのチャート分析を始めたことで、FXの成績が上がった。

何がきっかけだったのかは忘れました。

恐らく先生のブログかTwitterを拝見した時に、「このままじゃ勝てるようにならない」と気が付くことができました。

「すごく偏ったFXの学習をしていたな」と。

正しい学習を継続しないと、FXでは勝てるようにはなりません。

FXの才能がない私は尚更です。

f:id:hajime0707:20190315190617p:plain

それからは、毎日チャート分析しシナリオを立て、それをFX勉強会へアウトプットするようにしました(実際の画像です)。

トレードする・しない、忙しい・忙しくない、チャート分析が合っている合っていない関係なく、毎日それを続けました(現在も続けています)。

もちろん、すぐには結果が出ることはありません。

しかし、数カ月くらい続けると何となく相場が分かるようになってきました。

自信を持ってエントリーできるポイントが増えてきました。

危ないポイントを回避できるようなってきました。

無駄なエントリーが減ってきました。

思いつきでエントリーすることが極端に少なくなりました。

月間の勝率が上がってきました。

そして、夢物語に思えていた「FXで資金2倍≒1000pips獲得」という課題を、気が付けばクリアしていました。

とはいえ、先生のような専業FXトレーダーのレベルには、まだまだ程遠いトレード技術しかありません。

課題も山積みで、やらなくちゃいけないことがたくさんあります。

しかし、その領域に一歩一歩近づいていることは実感できています。