FXと努力 勝てるトレーダーになるための「習慣」とは?

FX勉強会の内外において、milk先生が常々言われている言葉があります。

それは「手法も大事だけど、学び方も大事」ということ。

この「学び方」には本当に様々な意味が含まれているわけですが、今回はその一部である努力の継続」に焦点を当てていきます。

勝てるFXトレーダーになるための『努力を続けていく習慣』

先日の記事で述べましたが、私は毎日継続してFXの勉強(努力)を行っています。

その記事では「1日30分」と述べていて、「少ないなぁ、それだけでいいの?」と思った人もいたはず。

しかし、それはあくまで読者の皆さんに分かりやすく具体的に言ったまでの事。本来なら、自分に課すノルマはもっと少なくすべきです。

「無理の全くない課題設定」をする

以前私は、「一日2・3時間必ず勉強する」というノルマを作った事があります。(字面は簡単そうに見えます)

勿論、ある程度は続けることが出来ました。課題を設定をしたころは、「絶対やるぞ」と思っているので当然と言えば当然です。

暫くして、その日はたまたま仕事が忙しく、とても疲れて家に帰ってくるもやる気が全く起きない。

そこで、1日勉強をサボりました。今日は例外だと言い訳をして。

人間、一度例外を許してしまうと、以降どうしても「緩く」なってしまう。

その日以降、何らかの理由をつけてサボる事が多くなり、そして気づくとチャートすら見なくなっていました。

チャートすら見ない日が続くと、どんどんと覚えたものを忘れます。久しぶりにチャートを見たら「あれ?今までどういう風に考えていたんだっけ?」と、せっかく覚えたものをガッツリ忘れていました。

こうなってしまってはせっかく今までしてきた努力が水の泡です。

だからこそ、無理の全くない課題設定が大事なのです。

11235813213455.net

「見える化」をする

いくら無理の全くない課題だけ作って、努力を続けていったとしても、作っただけで終わらせてしまうと、よほど意志力が高い人でない限り、大抵の人はそのうちやるのをやめてしまう。現に私がそうでした。

これを防ぐために、毎日自分がその課題を達成できたかを「見える化」します。

(この「見える化」という言葉、個人的にはとてもばかっぽく感じるので嫌いな言葉の一つです(普段から使われている方が居たらごめんなさい))

「見える化」とはつまり「可視化」自分がどれだけ今まで達成できているのか。これほど達成できているこの目標はどれほどまでに簡単なのかをパッと見で分かるようにすることこそ、努力を続けていく事において大事なものの1つです。

どういった手段があるか

(1)デジタル管理

FX アプリで行う努力の習慣

まず皆さんにお勧めできるのが、スマートフォンのアプリで管理する、という方法です。私が以前使用していたお勧めのアプリは「ループ習慣トラッカー」というアプリです。(リンクなどは貼りませんので興味がありましたら検索してみてください)

私はAndoroid使用者なので、確認は出来ていませんがiPhoneではまるっきり同じアプリは無いかもしれません。その場合は恐らく似たようなアプリがあると思われますので、色々試してみてください。

「ループ習慣トラッカー」というアプリは、操作はとてもシンプルです。目標を入力したら、頻度を決めます。(毎日行うのか、週一で行うものなのか等)それで完了です。

そして、決められた課題をクリアしたら、ドラッグ操作でチェックをつけるだけ。簡単ですね。しかもド忘れ防止に、リマインダー(催促機能)までついています。

勿論、やかましいと感じる人は設定をオフにすることが可能です。

(2)アナログ管理

f:id:keyroiro:20190228101556j:plain

次にお勧めなのが、カレンダーを設置してそこにチェックをつける、という方法です。

こちらは、スマートフォンを持っていない人(もう殆ど居ないかもしれません)、あるいはスマートフォンをちょくちょく確認しない人についてもお勧めです。

私は基本的に何でもPCでやってしまうので、あまりスマホを細かくチェックすることがありません。なので、現在の私の管理方法はこちらをメインに据えています。

カレンダー、とひとくくりに言っても色々なカレンダーがあると思いますが、私は部屋に釘を刺したりするのに躊躇いを覚える人間なため、置き型の小型カレンダーを使っています。

机の、毎日嫌でも必ず見るような場所に設置して、決められた課題をこなせたら、バツ印をつけるようにしています。そうすることにより、忘れたり、サボったりする事を防ぐことが出来ます。

如何でしたでしょうか。皆さんのFXにおける日々の努力に一役買えたなら、幸いです。