FXと勉強 勝てない?なら、どうするか。

f:id:keyroiro:20190220165001j:plain

FXにおいて、人それぞれに日々のトレードでの苦悩があるかと思います。

「何故ここで手を出してしまったのか」とか、「今回も余計な事しちゃった」とか。

はたまた「何故私は勝てないのだろう」などなど。

恐らくそれは「そこで手を出す・出さない」とか、そういう○×クイズのような単純明快なものではなく、自分自身の「課題」いわゆる「ドリル」に直面しているのではないでしょうか。

(「ドリル」については先生のこの記事に詳しく書いてあります)

11235813213455.net

今回はそういった「課題」に私がどういう風に立ち向かっていっているかをお話します。

 FXで勝つために「自分を知る」

まず、自分はどういった「傾向」があるのかを知る必要があります。

これがわからないのに、ただ「勝ちたい」と思ってるだけではしょうがない。

そのため、私の過去の「ダメトレード」を集計して、どういう傾向にあるのか考えました。

私の傾向

(1)短期的な目線になりがち

(2)戻しの動き、直近の動きの意味を理解できていない

(3)短絡的な思考(ただただFE161.8があるから買い、200MAがあるから売り、等)

これで私のお粗末なトレードはどういう傾向にあるのかがわかりました。

つまり私は簡単に言うと、「近視眼的なわりに直近の動きすら理解できず、脳死しがち」ということになります。(自分で言ってて悲しくなりますね…)

FXの「課題」にどう立ち向かうか

意味のない事をしない

これが一番大事な所。問題に対し、対処した”ふり”だけで終わらせては意味が無い。

上辺だけ撫でていても何も変わらないのです。

何の意味も無い問題解決法の例。

「刃物で良く怪我をするのなら、最初から刃物なんて持たなければいい。」

テレビのニュース番組とかでよく聞くフレーズですね。

これ、とても頭が悪く感じませんか。

「え、じゃあFXやめるの?」って話ですよね。やめません。絶対に。

考えた対策

1.自分のやらかしやすいタイミングをノートにまとめて、定期的に確認する。

2.定期的に上位足を見て、現在置かれている状況を理解するよう努める。

3.1日30分、毎日欠かさずに過去チャート等を使い勉強を行う。

1日30分について詳しく書かれている先生の記事はこちら)

11235813213455.net

とても簡単で、当たり前の事と思うでしょう。しかし私にはこんなにも当たり前の事が出来ていませんでした。これも「気づき」の1つですね。

続けた結果、どうなったか

今の今まで継続して利益を出す事が出来なかった私ですが、何も意識していなかった時よりもダメトレードが減り、直近三か月累計プラスで終える事が出来ました。

「大したことない」と思われるかもしれませんが、牛歩に定評のある私にとって「大きな成果」であると感じています。

…だが、しかし。これで終わらないのがFX(もとい人生?)の手強い所。「課題」をクリアすると更なる「課題」が待っています。

しかも、クリアしたと思った「課題」も、忘れたころに寝首を掻くかの如く再び襲い掛かってきます。なんて恐ろしいんだ。

だから、覚えた事を忘れないように、1日30分でも「続けていく」事が大事なのですね。

2月も残りあとわずかになりましたが、今後も精進して参ります。

kiiroでした。