FXの先生直伝、200MAを使った「正しい」戻り売りのやり方。

先週の記事をアップしたところ、FX勉強会の先生よりご指摘いただいたことがあるので、それについて書きます。

正直ご指摘いただいた時は、あれ??間違ってた???と焦りました…。リアルタイムでアドバイスいただき有難い限りです。

それでは、先生直伝の「戻り売り」のやり方の解説に移ります。

FXトレードの王道「戻り売り」は、リスクが少ない。

まず、前回の記事でアップしたトレードがこちら。5分足。

f:id:grnble64:20190211223806p:plain

1時間足で見るとこんな感じ。

f:id:grnble64:20190219191012p:plain

画像を見てわかる通り、これは「戻り売り」ではありません。

既に下降した後に、5分足の細かい値動きを見て上昇の勢いが無いのを確認してちょっと売るので、いわば「出涸らし」を取るようなもの。

これに関する先生のご指摘は以下の通り。

また、1時間足限定で言うと、右側から売ったのでは遅いです。
上昇トレンドの戻し(下げ)なので、サッサと上で売ったほうがリスクは少なくなります。

つまり、1時間足の環境認識的には、以下の画像の部分を取る方が良いということになります。

f:id:grnble64:20190219192330p:plain

ここで、チャートの右半分(一時的な下降トレンドが発生している部分)に注目すると、これはまさしく「戻り売り」というFXトレードの王道中の王道ともいえる売り方をしていることがわかります。

それではどうすればここの売りを取れるのか、戻り売りをする上で必要な考え方を「具体的に」解説していきます。

戻り売りの正しい手順

トレンド転換の可能性のある強い下降を確認する

まず大前提として、上昇トレンドが続いている間は戻り売りなんかできるわけがありません。

よって、戻り売りをするためには、トレンド転換を示唆する強い下降を確認する必要があります。

トレンド転換を示唆する下降かどうかを判別するやり方は複数あると思いますが、今回は最も基本的で明確な、200MAを用いたやり方を紹介します。

先の画像に200MAを表示させるとこうなります。

f:id:grnble64:20190219193930p:plain

上昇トレンドが続いている時はレートが200MAより上にあるのがわかると思います。

よって、まずは「200MAを下抜ける下降」を確認します。

200MAを使った戻り売りをしたいのなら、これが第一条件になります。

f:id:grnble64:20190219193901p:plain

下降の戻しの勢いを観察する

次に、下降の戻しの勢いを観察します。

200MAを下抜けたからと言ってなんでもかんでも戻しから売ってやれば良いかと言うとそうではなく、本当にここから下降トレンドが始まるのかどうか確認しなければいけません。

そして、今回の戻しがこちら。

f:id:grnble64:20190219195051p:plain

一旦200MAを下抜けたものの、勢いよく上昇して再度200MAを上抜けてきてしまいました。

上昇の波の形状も戻しがほとんどありません。

よって、この時点で考えるのは「上昇の勢いが強い」ということです。

上昇の勢いが強いということは、ここからまた上昇トレンドの続きが発生するかもしれない、ということも考えておかなければならない(むしろそっちがメイン)ということになります。

よって、まだこの時点では売れないということになります。

戻しの勢いが削がれたのを確認する

では、いつ売れば良いのかというと、それは「上昇の勢いが削がれたら」です。

この「上昇の勢いが削がれたら」というのを確認するのにも200MAは活躍します。

何に注目するかと言うと、「200MAの傾き」です。

以下に説明のための画像を載せます。

f:id:grnble64:20190219201041p:plain

200MAの傾きが、急な上昇→緩い上昇→水平→下降、という風に推移しているのがわかります。

このうち、「上昇の勢いが削がれた」と判断できるようになるのが「水平→下降」の辺りです。

これを確認できてから、ようやく売りを仕掛けるタイミングを待ちます。

上昇していかないのを確認して、ようやく売る。

下の画像を見てください。

f:id:grnble64:20190219210009p:plain

これは、200MAの傾きが水平→下降になるところを拡大したものです。

細かく見ていきます。

まず、1と書いてあるところで、ローソク足の実体が200MAに抑えられています。

ここで「200MAが効いている」ということが確認できます。

次に、2のところでは200MAを一瞬上抜けたけれども、その直後に戻されているのが確認できます。

最後に、3のところで再度200MAに抑えられて上に行かないのを確認して売ります。

今回は長い上ヒゲも出ているのでかなり良い売りのポイントでした。

勉強会内にもここで売って利益を出している方が大勢いました。

200MAを使った戻り売りのやり方は以上です。

Advanced: インジケータありきではなく、値動きの意味を考える

余談ですが、こちらのトピックの方がある意味参考になるかもしれません。

今回説明している戻り売りのやり方は、「200MAなどのインジケータだけに頼ってトレードする」という方針で使ってはいけません。

あくまでも値動きの意味を理解する補助的なツールとして、200MAを用いているというだけのことです。

値動きの意味を理解するとはどういうことか、例として「ここの相場ではこんなことが考えられるよ」というのを一枚の画像にまとめたので掲載しておきます。

f:id:grnble64:20190219204442p:plain

「上昇の勢いが削がれる場面」に限定して書いているので、実際にはこれより更に前の相場状況も合わせて考慮してトレードしています。

200MAは確かに相場によく機能するツールですが、200MAだけを見てトレードしていたら勝てると言うものではないということを忘れてはいけません。

最も大切なのは、「値動きの意味を理解すること」です。

www.milk-fxtrader.net以上、RAYでした。