往復ビンタなんて怖くない!FXトレーダーに必須の環境認識で勝つ方法!

f:id:grnble64:20190205150456p:plain

RAYです。先週は初めて往復で利益が出ました!

今回は、環境認識に沿ってトレードすれば往復でも獲れるよ!という話をしたいと思います。

 

環境認識を制す者はFXトレードを制す。

冒頭の画像が先週のトレードです。

本当に綺麗に売り・買いと獲れていて、その日だけは自分でも惚れ惚れしてしまいました。

ではなぜ先週このようなトレードが出来たのかというと、やはりFXトレーダーには絶対必要な、環境認識のお陰様なんですね。

環境認識を制す者はFXトレードを制します。間違いありません。

環境認識の第一歩は、トレンドの発生に気づくこと。

先週どのような相場状況になっていたかというのを、下の画像に示します。(もちろんポンド円1時間足です。)

f:id:grnble64:20190205151836p:plain

私が往復で獲ったところが、赤い垂直線のあるところです。

先月まで大きな上昇トレンドが出ていて、戻ったところで買いを狙っていたのですが、月末で状況が一変します。

いつものように戻しが入って、また上昇するのかと思いきや、二つ目の矢印のところで高値超えられずにズドンと下げてきました。

何気に安値も割ってきています。

ここで、「あれ?下降が強いのかな?」ということに気がつきます。

その後下がっていくのを見て、下降トレンドなんだという確信を強めていきます。

下降トレンド発生中は、戻ったら売れば良い。

そうは言っても、どこまで戻ったら売れば良いのよという話になりますが、そこで登場するのが、トレンドラインです。

f:id:grnble64:20190206010626p:plain

これですね。

トレンドラインの引き方については、毎度おなじみですが、milk先生の動画で解説されているものがあります。

youtu.be

ルールに従って引いたトレンドラインに沿って、戻ったら売りを繰り返していきます。

すると、このように。

f:id:grnble64:20190206011515p:plain

売って利益を出すことができます。

トレンドの終わりは、FE161.8で考える。

じゃあ今度はどこまでトレンドが続くのよ

という話になりますが、そこはなんといってもFE161.8ですね。

www.fx-linetraining.netこれについては私の過去の記事でも触れています。

FE161.8というのは世界中のトレーダーが利確を考えるライン。

よってこのポイントで値動きが反転することが多いのです。

ということは。

FE161.8に達するまでは売り。

FE161.8に達したら買い。

という戦略が立てられます。

FE161.8を先程の1時間足のチャートに表示させると、こうなります。

f:id:grnble64:20190206012153p:plain

もう気持ち良いくらいに効いていますね。

そして、このように。

f:id:grnble64:20190206013009p:plain

FE161.8で値動きが止まった所で買うと、利益になります。

FXで勝つための絶対条件。それが環境認識。

環境認識は、FXトレード(特に裁量トレード)には必須のスキルですが、それ故に習得するには多くの努力が必要です。

私自身もまだまだ学習の身で、何度も何度も失敗を繰り返しながら徐々に徐々に技術を身につけています。(今週も盛大にやらかしたトレードがあります。猛省中。)

環境認識FX勝つための絶対条件です。

諦めずにこれからも学習を続けていきます!!

以上、RAYでした!!