FXで月間500pips獲得。2019年1月のポンド円は、このように見ていました。

f:id:hajime0707:20190131201310j:plain

FX勉強会「ライントレーニング」参加者のはじめです。

タイトルの通り、1月は月間500pips獲得できました。

運も味方してくれた部分もあるとは思いますが、1月は相場状況が良く、中旬以降は適当なところで買っていれば大きな利益が出せる相場でした。

FX勉強会の中には、もっと勝てている方もいらっしゃいます(もしかすると1000pips近く取っている方もいるかも)。

それでは私が 1月の相場をどのように見ていたのか、各週ごとに1時間足で振り返ります(唐突スギィ!)。

2019.1.7~1.11【FX 環境認識 1時間足】

f:id:hajime0707:20190131193213p:plain

1月第2週から本格的にトレード開始。

年末から年始にかけて、とても強い下降が発生。

それに対する戻しも強いが、依然として下降トレンドであることに変わりはないと判断した。

仮に上昇トレンドに転換するとしても、押し目をつけて上昇することが多いということを考慮し、その押し目を狙った売りを考える。

下がりそうなポイントで(上図に印したポイント)で何度か売るが、想定していたよりも下がらない。

「おやおや、これはもしかすると・・・」ということが頭をよぎり、週の後半は様子見・・・もとい手も足も出せず(完全なる実力不足)。

2019.1.14~1.18【FX 環境認識 1時間足】

f:id:hajime0707:20190131152104p:plain初日は、先週と同様に「どこかで売りたい」と考えていた。

で、売って損切りをキメる。

これにより、「もしかすると、売りではなく買いなのかもしれない」と思う(ここでは、まだ頭の中は売りと買いが半々)。

その後しばらく様子を見ていたが、1月15日の下降が一瞬でほぼ戻されたのを見て、ここでようやく売りではなく買いだと確信を強める。

売りのシナリオが完全に崩れたので、シナリオを再度立案(ここからは買いしか考えていない)。

そこからは、買い 買い売り買い 買い 買い。

2019.1.21~1.25【FX 環境認識 1時間足】

f:id:hajime0707:20190131152205p:plain

先週と同様に、買いのシナリオだけを立てる。

特に難しいことはなく、戻したら買いを考えればいい相場状況。

先週末から弱弱しい下降で戻してきてくれていたので、月曜日に適当なところで買い。

美味しいところ(火曜日・水曜日)は、残念ながらチャートをほとんど見れなかったので手を出せず。

あとは木曜日に少しだけ取って、この週は終了。

2019.1.28~1.31【FX 環境認識 1時間足】

f:id:hajime0707:20190131152227p:plain

上昇トレンドは継続しているので、依然として買いが有利と判断。

ただし、かなり上まで上昇してきているので、そろそろ怖い感じもする。

まだ売りが危険なことに変わりはないが、中途半端なところで買ったり、高値更新を狙うのも危険。

月曜日に下降してきたが、その力は弱弱しく、どこかでもう一上昇あるのではないかと考え買い。

その後はよく分からない値動きになったので、しばらく様子見。

FXトレーダーとしての、これからの目標

今回は、主に1時間足の値動きだけを見た環境認識をまとめました。

FX勉強会では、これに加えて様々なツールを用いてより詳しく環境認識をして、5分足でさらに細かくタイミングを計りエントリーから決済までを行います。

今月はたまたま少し大きく取れてしまいましたが、私が目指すトレードスタイルは「勝率ほぼ100%、月間200pips」なので、2月からは「そのトレードスタイルを確立するためには何をしなくてはいけないのか?」ということを考えながら学習に臨みたいと思います。