FX フィボナッチ・リトレースメントでタイミングを計ってトレードする

はじめまして。

そして新年あけましておめでとうございます。

FX勉強会「ライントレーニング」参加者のpachi(パチ)と申します。

まだまだ修行中の身なので、自分の修行を振り返るような内容が多くなると思います。

それでも何か読んでいる方々の励みになる内容になればと思っています。

では、早速年明け一発目のトレードを紹介します。

 

フィボナッチ・リトレースメント38.2狙いのトレード

GBPJPY 5分足 2019年1月3日 売り +51.9pips

 

f:id:pachi2321:20190106123219p:plain


 年末から年始にかけて800pips越えの下降がありました。年末年始ということと、風邪をこじらせて寝込んでいたため、この下降は取れませんでしたが、戻しから売ろうと狙っていたところです。

 

画像はGBPJPYの5分足ですが直近の下降に対してフィボナッチ・リトレースメントをあてるとちょうど38.2のところで反応しています。

 

1回目にタッチしたところは、他の根拠との兼ね合いもあり見送りました。で、2回目のタッチの所から売りでエントリーしました。200MA(赤い線)を一気に下抜けていく勢いがあればもう少し保有する予定でしたが、上位足でフィボナッチ・エクスパンションをあてると、261.8まで下げているのでちょっととって手じまいました。でもpips的には50pipsなので十分です。

 

 1時間足で見た場合はどうなのか

f:id:pachi2321:20190106125815p:plain


上記画像は1時間足です。赤い縦線が先ほど5分足でトレードした場所です。直近最安値からV字で勢いよく戻してきている感じですね。しつこく保有していたらせっかく50pips利益が乗っていたのにマイナスになるところでした。

 

勉強会参加者はむしろ私が利食いしたところから買っている人が多くいたように思えます。私も利食いした後の上昇を見て、「あれ?これはフィボナッチ・リトレースメントの61.8までは戻すんじゃないか」とシナリオを変更しました。

 

結果的には変更したシナリオ通り61.8まで到達しましたが、冒頭でお話しした風邪がまだ抜け切れていないことと、家庭の用事が様々あり最初の1回のトレードで感謝して今週は終えることにしました。

 

フィボナッチはエントリー根拠、シナリオ想定と様々役に立つ

フィボナッチはエントリー根拠、利食い目標、シナリオ想定と様々な局面で使うことができるとても有用なツールです。

 

ただ、フィボナッチを機械的に使うと死にます。FX勉強会で先生から「機械的なトレードはただの思考停止です」という指摘を何度もいただきました。私は特にその傾向が強いです。なぜかというと「判断が楽だから」です。

 

ただお金は楽して儲けられるほど甘くはないです。道具は便利でも使い方を誤っては意味がありません。今年はしっかり道具を使いこなせるようしっかり努力していきたいと思います。

 

私も再度以下の動画を見て早速復習をします。

 


【簡単シンプル超くわしい】儲かりまくりのフィボナッチ・リトレースメント講座【FX手法】


みじめな口座破綻者に贈る「勝てる」FX手法教室【フィボナッチリトレースメントの極意】