FX特別企画第2弾‼トレードで使えるエリオット波動で上昇5波の波に乗れ!

f:id:takumikogamiya:20200809210609p:plain

特別企画第2弾!

題して今回のテーマは

エリオット波動上昇5波を乗りこなせ!

特別企画第1弾の概要はこちらからご覧頂ければ幸いです。

www.fx-linetraining.net

私はこの局面で買いを選択しました。

f:id:takumikogamiya:20200810025248p:plain

過去のトレード結果を振り返りエリオット波動にて相場分析を紹介して行きます。

FXトレードで使えるエリオット波動の基礎知識

上昇エリオット波動の重要点

f:id:takumikogamiya:20200410133121p:plain

・1波(0→1):いきなり現れる。トレンドの始まり。

・2波(1→2):1波の戻しが終わると強い3波が発生する。

・3波(2→3):トレンドの中で最も強い波です。3波でエントリーすると勝ちやすい。

・4波(3→4):2波同様ジグザグした動きになりやすい。1波高値で止まる事が多々ある。

・5波(4→5):トレンドの終わり。3波高値を超えていかない場合もある。

何度も紹介しますが上昇エリオット波動で覚える基礎知識はたったのこれだけ。

下降エリオット波動

f:id:takumikogamiya:20200410133118p:plain

下降エリオット波動も重要点は上昇エリオット波動と同じ考えです。

偶数波である下降2波や4波はジグザグな動きになり易いです。

上昇エリオット波動も下降エリオット波動も覚える事はこれだけです。

難しく考えずシンプルに使える物だから相場で実際に使える物になります。

FXでエリオット波動を使う際の間違った認識の仕方

FXの勉強を始めた頃の学びのステージで良くやりがちな間違いを紹介します。

例えばこんな感じ。

f:id:takumikogamiya:20200809232547p:plain

4時間足でエリオット波動を認識する時に中途半端な位置から波を数えてしまう。

私も過去に何度も経験があるパターンです。

ですが4時間足でエリオット波動を認識するならこうです。

f:id:takumikogamiya:20200809232556p:plain

4時間足で1画面にチャートが入り切らなかった為日足を使うとこうです。

エリオット波動をカウント認識するのであれば直近最安値から認識していきます。

FXトレードで使えるエリオット波動上昇5波を乗りこなす

f:id:takumikogamiya:20200809205458p:plain

ポンド円 2019/12/4 日足

FXトレードを始める前は必ず上位時間足から環境認識をしていきます。

現在値が赤色の縦線部分です。

直近下降にフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

日足レベルで見れば下降の戻しでFR61.8%付近で何度も止められていました。

エリオット波動上昇5波でも節目に到達後は揉み揉み相場へ

f:id:takumikogamiya:20200809205508p:plain

ポンド円 2019/12/04 4時間足

4時間足で見ればエリオット波動的に現在値は上昇5波にも見えます。

日足レベルのFR61.8%付近で約1ヵ月程の横這いの揉み揉み期間がありました。

意味のある節目に到達後も下がって行かない。

っと言う事は上昇5波継続の買いの勢いが強い局面にも見えます。

現在値は比較的長い揉み合いを上抜けた戻しにも見えます。

揉み合いを上抜けたと言う事は買い目線継続です。

下位足の1時間足、5分足を見て押し目から買って行く事を考えます。

上昇の勢いが強い時こそ相場に現れるエリオット波動的目印を探せ!

f:id:takumikogamiya:20200809232551p:plain

ポンド円 2019/12/04 1時間足

続いて1時間足です。

日足レベルの下降FR61.8%付近での長い横這い期間と直近高値を上抜けて来ました。

っと言う事は押し目買いで買い所を探していきます。

FX勉強会の師匠は仰います。

縦軸(価格)も大事ですが、そこに至るまでの横軸(時間)も大切です。

下降の売りの力が強い場合は時間を掛けずに一直線に下降が強くなる事があります。

今回はどうでしょうか?

揉み合い直近高値を抜けた戻しがエリオット的下降5波にも見えます。

時間を掛けて直近上昇FR38.2%付近まで戻しています。

更にエリオット波動下降4波的動きが下降1波の安値を上抜けている。

しかもご丁寧に1時間足の移動平均線(MA)200MAとも重なりそうな場面です。

直近上昇FR38.2%付近でエリオット波動的下降5波が終わり下げ止まる様であれば5分足を確認して買って行きたい場面です。

当時はエリオット波動上昇5波が終わっていたと思っていた間違い。

f:id:takumikogamiya:20200810041227p:plain

当時私のエリオット波動の間違いです。

f:id:takumikogamiya:20200810025238p:plain

今でもやりがちな間違いですが視野が狭くなりすぎていた事です。

私はこの局面にてエリオット波動上昇5波が終わった物だと勝手に思っていました。

振り返ってみれば学びのステージが低い事と視野が狭かった事がわかります。

エリオット波動上昇5波を掴むエントリーポイント

f:id:takumikogamiya:20200810025241p:plain

ポンド円 2019/12/04 5分足

最後に5分足です。

5分足では直近上昇を100%全て戻される動きです。

ですが先程も縦軸(価格)も大切ですが横軸(時間)も大切と言いました。

直近上昇の戻し見るとエリオット波動的な下降5波で時間を掛けて戻しています。

しかも1時間足で先程分析した直近上昇FR38.2%付近が何度も効いています。

エリオット波動的下降5波が終わり下げ否定の力強い陽線を見て買って行けそうです。

当時エントリーポイントの根拠は1時間足移動平均線(MA)200MAからの買いでした。

波に乗るには全体的な相場分析が未熟だった事を学べる大変良い機会でした。

今日も1日大変お疲れ様です!

これからもFX勉強継続して頑張って行きましょう!