FXのエリオット波動でトレードが難しい4波でも順張りで流れに従えば良い。

f:id:takumikogamiya:20200629015856p:plain

結論から言います。

エリオット波動は相場分析で使える。

正直エリオット波動が使えない相場に遭遇すると訳が分からなくなって来る。

私はエリオット波動上昇4波に移行したかもしれない局面で売りで利益が取れました。

この局面です。

f:id:takumikogamiya:20200629010602p:plain

エリオット波動を使い相場の流れに従った順張りトレードをすれば勝率も上がります。

実際に私のトレード結果から相場で実際に使えるエリオット波動を使っていきます。

FXトレードで使えるエリオット波動の基礎知識

上昇エリオット波動の重要点

f:id:takumikogamiya:20200410133121p:plain

・1波(0→1):いきなり現れる。トレンドの始まり。

・2波(1→2):1波の戻しが終わると強い3波が発生する。

・3波(2→3):トレンドの中で最も強い波です。3波でエントリーすると勝ちやすい。

・4波(3→4):2波同様ジグザグした動きになりやすい。1波高値で止まる事が多々ある。

・5波(4→5):トレンドの終わり。3波高値を超えていかない場合もある。

上昇エリオットで覚える基礎知識はたったのこれだけ。

下降エリオット波動の重要点

f:id:takumikogamiya:20200410133118p:plain

下降エリオット波動も重要点は上昇エリオット波動と同じ考えです。

偶数波である下降2波や4波はジグザグな動きになり易いです。

3波や5波のトレードと違い思った通りに伸びて行かない場面も多い。

また上昇も下降もそうですが、エリオット波動4波でトレードすると言う事は全体的には上昇トレンドだけど局所的に売りを選んだり、下降トレンドの中で局所的に買いを選ぶ必要があります。

結果として言える事は奇数波でトレードするよりエリオット波動4波でトレードするのは難しい事が言えます。

ですがFX勉強会内で推奨されているエリオット波動は至ってシンプルです。

難しく考えずシンプルに使える物だから相場で実際に使える物になります。

FXトレードが難しいエリオット波動偶数波での順張りトレード

上昇エリオット波動でも偶数波なので下降エリオットを使って考える

今回紹介する内容はエリオット波動上昇4波での順張りトレードです。

エリオット波動上昇4波という事は先にも説明した通りです。

トレンドの中で一番強いエリオット波動上昇3波から上昇4波が止まり易い上昇1波の高値までを売りで狙うことです。

全体的なトレンド方向から見れば当然逆張りの売りです。

エリオット波動上昇4波とはジグザグな動きになり易く下降エリオット波動的な5波で構成される場合が多々あります。

エリオット波動上昇4波は下降トレンドの局面に見えるかもしれません。

下降になるのであれば相場の流れに従い売りは順張りトレードになります。

エリオット波動上昇4波は上昇1波高値で止まり易い性質があります。

ですが毎回必ず上昇1波高値で止まり上昇5波が始まる補償はありません。

上昇が強い局面だと1波高値まで戻さず上昇5波が始まる事も多々あります。

エリオット波動上昇4波でトレードするなら順張りは売りで良い

f:id:takumikogamiya:20200629010600p:plain
ポンド円 2020/06/10 4時間足

現在地は赤色の縦線部分です。

4時間足では上昇トレンドの局面です。

エリオット波動的に相場を見て行けば上昇3波地点です。

上昇起点の山にフィボナッチエクスパンション(FE)を使います。

FE261.8%まで到達して下降して来ている事がわかります。

直近上昇にフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

4時間足的には直近上昇FR38.2%付近まで到達して来ている。

直近上昇FR38.2%まで到達して来ているので1つの波としてエリオット上昇3波が終わったようにも見えます。

f:id:takumikogamiya:20200629012616p:plain
続いて1時間足です。

1時間足にもエリオット波動を使います。

エリオット波動を見る為に上昇2波-3波間にフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

直近上昇FR38.2%で一旦反応します。

ですがその後下降の力が強く直近安値を下抜けている事がわかります。

1時間足レベルでもジグザグに下降のエリオット的動きが見えます。

全体的なエリオット波動としては上昇3波から上昇4波に移行したようにも見えます。

この地点には先程4時間足で見た直近上昇FR38.2%のラインもあります。

直近買いの勢いが強く押し目買いの力が強ければこの辺りからの反発も十分に考えられます。

ただ私は1時間足レベルで見る上昇4波中のエリオット下降波的には下降5波的な動きにも見えました。

下降3波の安値も抜けているので私は下記の相場分析をしました。

・1時間足レベルの直近上昇FR38.2%とエリオット的下降3波を下抜けている。

・エリオット的下降5波に移行したようにも見える。

・波サイズ感からオレンジ色補助線を使うと終着点としてFR61.8%がある。

・1時間足レベルでは直近上昇FR61.8%までの売りが出来そうと考えます。

私は1時間足で見る直近の値動きから買いでは無く売りを考えました。

ですがいかにも止まりそうな4時間足直近上昇FR38.2%のラインまで来ました。

5分の動きを見て本当に売れるか見て行きます。

f:id:takumikogamiya:20200629014055p:plain

最後に5分足です。

4時間足で見る重要なラインで何か止められているような値動きにも見えます。

ですが値動き的に時間が経っても5分足の直近下降FR38.2%ラインまでも戻しません。

っという事は売りの力が強くなって来ているという事が考えられます。

今回の順張りエントリーポイントとしては直近安値を抜けた戻しです。

ここでも小さいエリオット波動的上昇5波が数えられます。

小さい上昇5波が終わり上側トレンドラインに抑えられ上に行けない形が出ます。

チャートの右側と5分足200MA付近まで引き付けて上がらない事を確認してから売って行きます。

今回は上位時間足でのエリオット波動上昇4波的な部分です。

局所的には下降トレンドでの順張りである売りを選択しました。

FXトレードはエリオット波動を使って相場の自然な流れに乗れば良いだけです。

エリオット波動上昇4波的な局面での師匠からのお言葉

FX勉強会の師匠はこう仰いました。

いつまでも

「上位時間足で上昇だから買いを狙います」

しか考えられない人はダメよ。

名人様みたいに買いも売りも小刻みに取りなさい、なんて高度なことは言わないが、融通利かなすぎる人が多すぎる。

脳みそ回ってないですよ。

大変有難いお言葉を頂戴致しました。

常に相場分析や値動きを考え無ければFXのトレードで継続して勝つ事は出来ません。

エリオット波動だけでの相場分析はしません。

ですがエリオット波動が使え無ければ安定的にFXのトレードで勝つ事は難しくなります。

今日も一日勉強頑張って行きましょう!