FXわからなくて手も足もでないときは考えすぎかもしれない


書いている人:

みなさんはFXをされていてわからない(苦手)なエントリーパターンはありますか?

私はまだまだ学習中の身なのでたくさんあります。

学習中の身であるのにも関わらず挑戦もせずにずっと避けていたエントリーの形があります。

そんな私がその気持ちを克服して(1歩前進して)向き合えた方法をご紹介したいと思います。

毎日一生懸命工夫されて勉強されている方にとっては当たり前の方法かもしれません。

まだ苦手を克服されておらずどうすればいいのか困られている方はぜひ私と一緒にやっていきましょう。

FXわからない!苦手な理由を考えてみる

わからない理由を書きだすことでなぜできないのかが見えてきます。

以下は私の場合です。

売り場面の横ばいぎみの山からのエントリーが苦手

買いの押し目で横ばい山なのか売りの場面での横ばい山なのか判断がつかない

実は過去に口座破綻させた形で手を出すのが怖い(勉強会に所属する前です)

FXわからない!成功例と失敗例をチャートから探す

さて、わからない理由が明確になりました。

私の場合は買いの押し目なのか売り場面なのか判断がつかないとゆうことでした。

次はチャートの中からその場面を抜粋していきたいと思います。

とりあえず5分足を見てわからない形をピックアップしていくと、実際売り場面でエントリーできた成功例と実は買いの押し目だった失敗例2種類ほどに分けられると思います。

ちなみに私は過去1年半から2年分ほど引っ張り出して仕分けしましたが、数個でもいいと思います。

FXわからないものの成功例と失敗例のどこが違うのか比較する

5分足だけ見るとすごく似ています。(勝てている方からの全然違うやろとゆうツッコミが聞こえてきます。)

だいたいは上位足の環境認識が違う場合が多いと思いますのでそれぞれ4時間足から見ていきます。

FXわからない!のエントリー成功例を観察

2021年1月15日4時間足

縮小して全体図を見ると今は前回落ちたところあたりです。

1時間足

全体的には上昇トレンドです。

今は全体的に上昇のどの辺にいるのか調べるのにフィボナッチエクスパンションを使ってみます。

すると161.8%(赤線)でなんか止まってそうです。

上昇した先の方です。161.8%あたりでは安易に買っていくよりも相場状態によってはなるべく上から売っていった方が安全なことがあります。

5分足

上位足の環境認識のもと5分足を見ると、ただのわけわからん横ばい山だった動きに意味が見えてきました。

1時間足では上昇トレンドだったのでたくさん止まったのを見てなるべく上から売れそうです。

FXわからない!のエントリー失敗例を観察

2020年11月3日4時間足

チャートの真ん中に大きい下降があります。

その戻し売り候補あたりの場所から下がらずに上昇してきました。

1時間足

高値の山がわかりにくく、フィボナッチエクスパンションは参考程度です。

だらだら下降した先の方から急角度で上昇してきました。

その後はジグザグしていてエリオット波動の2波や4波のような動きです。

おまけに三度目の正直の山3つ目が完成しそうです。

5分足

上位足の環境認識のもと5分足をみると、またまたただのわけわからん横ばい山だった動きに意味が見えてきました。

ここで売りたいでしょうか?売るとすればもう少し様子を見たいです。

FXわからないと避けていた相場の結果と反省

わからない、怖い、苦手と思っていた相場の動きはただ単に勉強不足でした。

頭で思っているだけでなくて実際に手を動かしてやってみて気づくことが大切だと再認識しました。

特に学習中はネガティブな感情全てがただの錯覚だと思います。

この気づきを大切にして今後も勉強頑張っていきたいと思います。

みなさん、今日もお疲れさまでした!

私が所属している勉強会の先生の動画です。

わからないと悩んで手が止まってしまった時に毎回視聴したいと思います。