【FX歴10年でも勝てない】FXに1000本ノックが通用しない理由


書いている人:

石の上にも三年

数をこなせば上手になる

とよく耳にすることがあります。

FX勉強会で勉強させていただいてからは、それは「状況による」と思うようになりました。

FXのトレード1000本ノックで上手くなれるのか

正しくない努力をしても上達しない

独学でFXを1年半程勉強したことがあります。

当時、私はトレードで負けが続いているときや、わからない相場が続いている時

大丈夫、時間が解決してくれる

何回もトレードしていたらきっと慣れてくる

と本気で思っていました。

FX歴が長くなれば(最低でも3年くらいやれば)知識が増えていくものだと思っていました。

ヤバいですよね(笑)

途中でFX歴10年でも勝てない人がいると知って大ショックを受けるわけですが、今考えるとあの時の自分はすごく浅はかだったなと思います。

ただの回数だけよりも中身も大事

例えば、野球を10年など長く続けていればイチローみたいに上手になるのか?

1000本ノックを何度も何度も繰り返したら上手になるのか?

それは時間や回数は状況によって変わってくると思います。

ちゃんとした指導の下の練習なのか。

試合後、何が正しかったのかちゃんとした正解があって正しい反省ができるか。

間違った方法で練習しても上達しません。

最悪の場合は変な癖がついてしまうかもしれません。

素振りもフォームは正しいのか、怪我をするような体の使い方をしていないのか

細かいところまで常にチェックしながらすると思います。

FXも同じく、正しいエントリー方法なのか、危ないトレードではないかなど常に気を付けたいです。

正しい方法で毎日続けて時間もしくは数をこなしていくというのがすごく大切なのだと思います。

FX1000本ノック無駄にしないための環境認識

2021年7月1日の相場です。

常にお手本(私の場合はFX勉強会の先生です)と比べながらズレたことをしていないか、自分勝手な解釈で相場を見ていないかチェックしていきたいと思います。

4時間足

全体的には上昇下降のどちらかといえば上昇トレンドです。

直近は割と深めの戻し(下降)があります。

上昇にたいしてどれくらい下降したのかをチェックするためにフィボナッチリトレースメントを使います。

すると、61.8%程の戻しがあったことがわかります。

フィボナッチリトレースメントの押し目候補として38.2%や61.8%がありますが、61.8%は最後の押し目候補というかんじです。

それ以上下げてしまうとほぼ全戻しとなってしまうので安易に買えなくなります。

下降した後は勢いよく61.8%の押し目から上昇。

ほぼV字で戻ってきました。

1時間足でこの上昇に注目していきたいと思います。

1時間足

約380pips急上昇です。

その後は結構下げてきています。

どれくらい下降したのかを調べるためにフィボナッチリトレースメントを使います。

上昇フィボナッチリトレースメント61.8%くらいです。

結構な割合は下降してきていますが、波を付けながら下げてきたという印象です。

「波をつけながら」とはどういうことかというと61.8%までの深い下降中だが

「そこまですごく強い下降ではない」ということです。

下降が強いともっとドーン!と下降します。

下降後は全体の上昇に対しての押し目候補フィボナッチリトレースメント61.8%から上昇しています。

直前は細かく上昇しているので5分足で下がらないのを確認して短く買いたいです。

200MAで実際に反応して一度下げたのでいつもよりも時間をかけて本当に落ちないのを確認したいと思います。

5分足

1時間足200MAのところから実際に下降してきました。

5分足200MAで小さい3山でエントリーしたくなりますが、200MAが絡むところはグチャグチャとした動きになりやすいのでいつもより少し時間をかけて様子を見たいです。

そこから確認して確認して落ちないのを見てエントリーです。

日々基本を胸に刻み込んでトレードしていきたいと思います。