【FX最強の手法】値動きの意味を理解することで勝てる【全戻しの意味】


書いている人:

最強のFX手法は値動きの意味を理解することである。

フィボナッチの数値とか移動平均線などは、あくまでレートが伸びたり反転したりする場所を探す目安にすぎない。

今回は、値動きの意味に焦点をあててみます。

FX 上昇が一方的に強いときの相場の値動き

買いが強い相場の例1

2021/12/24のポンド円の4時間足、1時間、5分足の画像。

4時間足はレンジっぽい動きが続いていたが、安値付近から急激に上昇。

1時間足でもエリオット波動の3波を思わせる一直線の上昇。

5分足で、その上昇の後の値動きを観察すると、時間が経ってもフィボナッチ・リトレースメントの38.2%~50%あたりまでしか下げてこない。

下降のターンなのに、ジグザグと波をつけている(買いが入っている)。

エリオット波動の2波、4波のような動き。

であれば、エリオット波動的に012345まで数えて、5分足の強い陽線をみて買える。

FX 上昇が強くなってきているパターン:全戻し

上昇が強くなっている例1_20210209_1時間足

上の相場は2021/2/9 のポンド円の1時間足。

上昇トレンドで、前回200MAからバイーンと強く上昇して、フィボナッチ・リトレースメントの38.2%まで戻したところ。

以前の上昇の高値の部分でもあり(緑の点線)、1波の高値で4波は止まりやすいの応用も使えそうな部分。

上昇が強い全戻しのパターン_20210209_5分足

さきほどの相場の5分足。

直近は強い下降がある。

しかし、フィボナッチ・リトレースメント38.2%にレートがタッチした後は5分足での下降を全て上昇で戻す全戻しがみてとれる。

ちなみに私は上矢印の部分、できるだけ下から買って20pips程度で利食いをした。

5分足で直近の下降が強かったのと、5分足で私が利食いをした場所(★)付近からもう1回下げの下降波がくるシナリオもあったから。

そのため、できるだけ下から買いたかった。

買いの後に売りも入ってきているが、全戻しの動きが何度も出ていたので、気持ち的にはやや安心して見ていることができた。

買いが強いパターン_20210209_1時間足2

さきほどの相場の1時間足。

見やすくするためにローソク足を拡大している。

FR38.2%で私が買った後、陰線が1本入っているが、下ヒゲ。その後は3本陽線が続いていて、とくに下ヒゲの長いローソクが目立つ。

下ヒゲの長い陽線だと、上昇の意志が感じられる。

上昇で全戻しをしていたとしても、ここに上ヒゲの長い陰線が並んだりすると、反発の上昇を下降で全戻ししている意図が感じられて気持ちが悪い。

FX 値動きの意味~過去の相場でのケーススタディ

2020/10/21 ポンド円 4時間足

ケーススタディ_20201021_4時間足

過去の相場でのケーススタディ。2020/10/21のポンド円の4時間チャート。

真ん中に目立つ下降があり、そのフィボナッチ・リトレースメント(FR)50%付近まで上昇してきた。

200MAとぶつかるあたりから下降が強くなってきたが、上昇の目立つ安値の部分まで下げたところで、直近の下降波を全戻しする上昇がおきた。

その後しばらく落ちずにぐちゃぐちゃして、現在の赤い縦線の部分。

2020/10/21 ポンド円 1時間足

ケーススタディ_20201021_1時間足

左側の安値が見えていないが、現在は上昇のFR50%付近で反発している。

全戻しの上昇の部分を細かくみると、エリオット波動の01234波のようにも見える(画像では黒文字の数字)。

前回落ちたところで上昇が抑えられて下降するが、1波の高値で3回止められている(赤文字の数字)。

波のぐちゃぐちゃしている形がいかにもエリオット波動の4波っぽい。

2020/10/21 ポンド円 5分足

ケーススタディ_20201021_5分足

1時間足で上昇した後ぐちゃぐちゃ下げないで揉んでいた部分です。

急に直近高値を試す上昇が出て、けっこうな値幅が戻されて揉んでいる。

下側にトレンドラインを引いて、012345とエリオット波動的に数えて買い。

あるいは、下側に3点下げ止まり(紫の丸)を待ってからの買い。

エリオット波動的には7点待つことになるが、4時間足を見ていればより右側の方で買えるかもしれない。

利食いはフィボナッチ・エクスパンション161.8%がよさそう。

2020/10/21 ポンド円 1時間足をもう一度

ケーススタディ_20201021_1時間足その2

1時間足をもう一度。

見やすいようにローソクを太くしてあります。

先ほどの急上昇の後のエリオット波動的な部分は、下ヒゲのローソクが多い。

つまり、下降をほぼ全戻ししている動きであり、下げない意志が感じられる。

最後に、値動きの意味についてのmilk先生のYouTube動画を載せておきます。