【FXで勝てない・助けて】FXで勝つためにやるべきこと【勉強・学び方】


書いている人:
FXで勝てない・助けて!FXで勝つためにやること

FXでまだ負けなくなった程度の私が書くのもおこがましいタイトルですが、自分へのいましめと、過去の自分を今より深く認識するために書きます。

FXで勝てない人や負け続けている人が、FXで勝てるようになるためにやるべきこと。

FXで勝てなかった過去の自分~マジで「誰か助けて!」状態

FXでマジで勝てない。助けて

私はFX勉強会に入る前に、2.5年ほど独学でFXを勉強した。

主にYouTubeの無料動画で有名どころのFX YouTuber 10人くらいの動画を全部みて(ほんとに最初のやつから最新のやつまで全部)、ノートに書きなぐった。

膨大な時間がかかったし、膨大なノートの量にもなった(今は全部捨てた)。

その他、界隈で有名な人の有料のNoteを購入してみたり。

「ゴ○ジャン」の数万円の有料商材をいくつも購入してみたり。

ある時期はチャートに移動平均線を何本も入れてみたり、その他のインジケーターを入れてみたり。

ある時期は、なんのインジケーターも入れずにすっぴんチャートで値動きだけでやってみたり(今思えば、この人の商材はまともだった)。

しかし結局のところは勝てるようにはならず、資産をかなり失いました。

あるときは無限ナンピンを繰り返して一撃で口座破綻の数百万円負け。

もちろん海外口座を使っていた。

「やばい、どうしよう。今年中に取り返さないと。」

「来年になって取り返しても税金でがっぽりとられる!」(アホ思考)

そうこうしているうちに負け額は膨らみ続け、負債額はさらにもう一桁上へ。

FXに聖杯はないとは勉強でわかってはいたけれど、自分の知らない何かすごいFX手法が世の中にはあって、大金を払えばそれを知ることができて、勝てるようになるんじゃないかと、心のどこかでそう思っていたに違いない。

いわゆる聖杯探しで、次から次へと商材ジプシーをしていった。

とにかく頭の中は金、金、金。

金額しか見えていなかった。

大勝ちして気分高揚。

大損すると気持ちも落ち込み、負けた理由を手法のせいにして、別の手法へ乗り換え。

ろくに過去チャートでの勉強なんかしなかった。

自分のトレードの振り返りなんか全くしなかった。

これの繰り返しでただ負債が大きくなっていった。

負け額が大台に乗ったことで、今のままでは一生勝てるようにならないと腹を括って、FX勉強会への入会を申し込みました。

FX勉強会~過去チャートでの勉強とはじめてのデモトレード

FX勉強会では、ケーススタディ(Case Study: CS(シーエス))という、過去チャートでの勉強法が推奨されている。

最初はCSのやり方もよくわからなかった。

先生のYouTube動画をみて、そっくりそのままなぞったりもした。

また、FX勉強会では、最初はデモトレードでの資金2倍トレーニングというものが推奨される。

実は、私はデモトレードをFX勉強会に入るまでしたことがなかった。

理由は、勝ったときにくやしいから。(超アホ思考)

そのアホ思考のせいでどんだけお金を失ったんだか。

しかしながら、デモトレードから行うことで、金への欲が無くなりました。

これが自分にとってはとてもよかった。

簡単にお金を儲けたくて、FXをはじめる人が多いと思う。

お手軽にお金を儲けたいから、ロットをあげる。

勝つともっともっと稼ぎたいと、お金への欲が強くなる。

しかしひとたび自分のポジションが逆行すると、その含み損の予想以上の大きな金額に恐怖する。

損切りもできなくなり、思考停止で放置するか、またはナンピンをしてしまったり。

口座破綻まっしぐら。

金を儲けたいという欲望は、正しいトレードの障害になると思う。

FXでは、金を儲けたいという気持ちはできるだけなくしたほうがいい。

FX勉強会でのメインコンテンツのひとつ~座談会

FX勉強会には座談会というものがある。

Zoomを用いて、参加者同士でチャートについてあーでもない、こーでもないと議論を行う(参加者の顔は出ない)。

FX勉強会に入会した当初は、怖くて座談会には参加していなかった。

はじめて座談会に出たのは、入会して1ヶ月くらい経ってからだった。

今になって思うのは、座談会には入会したらさっさと出たほうがいいということ。

勉強会参加者の方々はとても勉強熱心だし、とても優しい。

くだらない質問にも丁寧に答えてくれた。

私が自分の恥ずかしい負けトレードを発表しても、「ここは良いですね、ここはこう考えたほうがいいですね」とアドバイスをくれた。

FX勉強会はもう7年くらい続いているようなので、私はわりと最近に入会したほう。

以前の勉強会の状態はわからないが、今は実際に勝てている人がゴロゴロいて、専業トレーダーの方もいる。

座談会で実際に勝てている方とお話をすると、とにかくチャートの見方、波の見方がとても精密でびっくりする。

環境認識の仕方とか、高値安値の見方とか、すごい。

それこそ、ちまたで基本とも言われるダ○理論なんかよりも、もっと精密な高値安値の見方をしていて驚いた。

どの時間軸でどこの高値安値が意識されているとか。

だからここの高安値は抜かれやすいとか、反発しやすいとか。

座談会は今でも出るたびにすごく勉強になります。

FXでは自主的に過去チャートで勉強することが重要

FX勉強会では個人レッスンはしていない。個人の自主的な勉強がメイン

FX勉強会では受動的なセミナー形式はとっていない

上の画像は、FX勉強会の入会ページに書いてあるもの。

FX勉強会では先生が講師となり、手取り足取り教えるという、受動的なセミナー形式はとっていない。

あくまで勉強会参加者の自主的な学習がメインであり、座談会などで参加者同士で議論する。

結局のところ、インプット主体の勉強法ではFXでは勝てるようにならない。

私も過去にいくつもの商材ジプシーをして、インプット主体の勉強で勝てなかったからこそ、そう思う。

ちなみに、FX手法を教わるんだったら、手法はシンプルに一人の方からに絞ったほうがいい。

FXのそれぞれの手法が機能するには、いろんな条件が揃う必要がある。

いろんな手法をごちゃまぜにしてしまうと、効くものも効かなくなってしまう。

それに人間の頭というのは、一度にたくさんのことを同時にすると作業効率が落ちる。

手法もシンプル、監視する通貨もシンプルにひとつとか。多くても数個とか。

勉強方法もシンプルがいい。

https://11235813213455.net/2021/04/20/post-33791/

自分のトレードを徹底的に振り返り、弱点を修正する

自分のダメなところを徹底的に振り返り、弱点を修正、改善する。

これってFXじゃなくても、受験勉強でもスポーツでも同じなんだと思う。

受験勉強や資格をとる勉強なら、問題集を解いて間違ったところを復習して、後日また解き直す。これの繰り返し。

FXでも、自分の負けトレードを徹底的にアウトプットして、第三者目線で俯瞰して考える。

自分のトレードのどこが間違っていたのか、何がまずかったのかを徹底的に考える。

同じ誤ちを繰り返さないように工夫する。対策をする。

自分の弱点を工夫によって改善する。

この一連の過程がFXでも大事なんだと思う。

あるいは、自分のトレードを講師の先生に細かく手取り足取りみてもらうという方法もあるだろう。

しかし、プロトレーダーの方に、毎日の時間を割いてもらって細かな個別指導をしてもらうには、30万円の入会金ではとても無理でしょう。

普通に考えて、指導料として桁が1-2桁は上がると思う。

それまで過去チャートで勉強をしていなかった自分にとって、FX勉強会に入って過去チャートでの勉強をしたり、自分のトレードを徹底的に振り返るという勉強法はとても効果的だったと思う。

結局のところ、過去チャートと向き合う時間がないとFXトレーダーとして成長はない。

過去チャートで、そのチャートパターンをインプットする。

何度も何度も反復練習をすることでそのパターンを身につける。

デモトレードでルール通りにやってみる。

その中で、長く繰り返せば資金が増えていくことを確認する。

それが自分の自信になる。

FXでは手法も大事だが、学び方・環境も大事

勝ち組トレーダーの中でも、そのFX手法というものはいろいろあると思う。

デイトレードなのか、スイングトレードなのかによっても違うだろう。

デイトレードでも、その日のうちに決済するのか、翌日までポジションを持つのかでも変わってくると思う。

その手法の違いに良いか悪いかなんてない。

長期的にみて勝ててお金が稼げればそれらは全て正しい。

ひとつ言えることは、どんな手法にも効果がある相場と全く効果がない相場がある。

やみくもにエントリーして、どこでも勝てるなんて手法は存在しない。

優位性があるところで手法を使うから勝てる。

そうでないところは様子を見る。

効果がある相場になるまで待つのが大事になる。

FX勉強会~手法をほぼ隠しなくYouTubeで公開

上の画像は、先生のあるYouTube動画のコメント欄でのやり取り。(クリックで拡大)。

FX勉強会の手法や考え方のほとんどは、無料のブログやyoutube動画にちりばめられている。

また、先生のヅイッターの毎月の参加者からのお便りをすみずみまで見ていると、勉強会内だけのものがポロッと出ちゃってたりもする。

でも、先生があえてそこを隠さないということは、FX手法やそれらを知ったからと言って勝てるようにはならないということ。

つまり、インプットの勉強だけでは勝てないということ。

過去チャートでの勉強と、リアルタイムトレードでの徹底的な振り返りを行い、自分の弱点を克服すること。

自分のトレード、弱点を振り返るためには、徹底的にアウトプットすること。

書いたり喋ったり、座談会で負けトレードを発表したりする。

それがFXで勝てるようになるための方法の一つであるということ。

FX勉強会コミュニティには、アウトプットするためのコンテンツがたくさんある。

シナリオを書いたり、CSを書いたり、座談会が毎日あったり。

アウトプットする環境がたくさんあり、自分を振り返る環境がある。

また、他の勉強会参加者の書き込み(アウトプット)から、自分のインプットにもなる。

なにより、勉強会参加者は勉強熱心であり、「みんなやってるから負けられない」という気持ちになること。

独学では難しい、勉強の継続のモチベーションが得られるということ。

すばらしい環境がある。

FXで本当にお金を儲けたいのであれば、現実思考をもつ

私はサラリーマンのため自分で事業をおこしたことはないが、普通に考えてビジネスをやろうとして1年で大金を稼ぐなんて、そんな虫のいい話はほぼない。

最初の地道な下積み、努力の時代があり、それが実を結んで徐々に軌道にのり、安定した時代がくる。

それがなぜか投資の世界、とくにFXでは、短期間、数ヶ月や1年で大金を稼げるようになると考える人が多い。

過去の私もだが、そういう人はいきなりリアルマネー口座で大きめのロットでトレードをして、リスクを大きめにとって、そして最終的に散っていく。

勝ち組トレーダーの養分になるのである。

そうならないためには、普通の人がめんどくさいなあと思うことを我慢して続けること。

繰り返しになるが、過去チャートでの勉強。

リアルタイムトレードでの自分の負けトレードの徹底的な振り返り。

これに尽きる。

人間は嫌な記憶は忘れるようにできている。

だからFXで振り返りをして対策をしないと、同じ失敗を繰り返し、いつまでたっても勝てるようにならない。

嫌な記憶は忘れたいけど、自分の負けトレードを徹底的に振り返り、何が悪かったのか、何がよかったのかを思考する。

だからFXでの成長が得られる。

少しずつだけど、勝てるようになる。

勉強会に入ってよかったことは、FXは勉強しないと勝てないと悟ったことと、FXの勉強をするようになったこと。

FXでの自分の負けトレード、自分の認めたくないダメなところをしっかりと認識して、改善するべく思考するようになったこと。

あとは、デモトレードから行ったことで、金への欲がなくなったこと。

人間は欲の塊なので、勝ったときにデモトレードなら、悔しくなったりする。

すぐリアルトレードでロットを大きくしたりする。

口座破綻する。

これだと、いつまでたっても負け組の負のループから抜け出せない。

今は、この負けのループから少し抜け出せたのではないかと思っている。

私はFXで負けなくなった程度であり、まだお金をバリバリ増やす段階ではない。

ルール通りのロットで、リアルマネー口座でも資金2倍トレーニングを何度も繰り返して、ロットを少しずつ上げていかなければならない。

まだまだ過去チャートを用いたケーススタディの勉強が足りないため、もっと努力しなければならない。

勉強しなければならないことは山積みである。

FX勉強会に入る前は、一日にいくら稼ぎたい、一週間にいくら稼ぎたいとかアホな目標をもっていた。

でも、私の目標に相場は合わせてはくれない。

簡単な相場の日もあれば、難しい相場の日もある。

1週間を通してレンジ相場のようなよくわからない相場かもしれない。

自分がわかる相場のときにルール通りに、ルール通りのロットでエントリーする。

FX勉強中のときは、勝っても負けても心が動かないくらいの金額がいいと思う。

大金をリスクに晒すのは、もっと勝てるようになってからで十分。

それまではCSをやりこみつつ、同時に自分の負けトレードを徹底的に振り返りたい。

自分の負けトレードにはそのときの自分の弱点が詰まっており、宝物である。

そして、最後まで相場に残り続けること。

一気にロットを張って、大損をして相場から退場しないことが重要だと思う。

過去にFXで失ったお金のことは忘れること。

一気に取り返そうとしないこと。

勉強を続ける限り、資産は増えなくても少しずつ成長していると信じること。

勝てるようになっても、無茶をしないで少しずつ資産を増やしていく。

そうすることで、真の長期的な勝ち組トレーダーになれるのではないかと思う。